HOME » 活動報告

活動報告

2017年度第1回会員対象セミナーを開催いたしました。

2017年 7月 20日

2017年7月7日(金)に横浜市立大学金沢八景キャンパス内にて「2017年度第1回会員対象セミナー」を開催いたしました。

現在、国内の大手企業を中心にSDGsをビジネスに取り入れる企業が急速に増加しており、今後は、上場企業だけでなく、中小企業にも浸透していくことが予想されます。

横浜グリーン購入ネットワークでは、企業経営の新たな潮流「SDGs」を会員企業に広めることで、持続可能な地域社会づくりを目指すべく、SDGsをテーマとした連続講座や勉強会を予定しており、この度、第1回目となるワークショップを横浜市立大学にて開催いたしました。

■SDGsとは
Sustainable Development Goalsの略で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されており、国際社会が協力して目指す17のゴールと、それらを達成するための169のターゲットで構成されています。
sdgse382a2e382a4e382b3e383b3e99b863
■ゲームによりSDGsを体感
第一回となるワークショップは、横浜市立大学のエクステンション講座として開催し、参加無料の学生および横浜GPN会員のほか、有料で一般参加も受入れたことで、合計50名以上の皆様に参加いただく事が出来ました。
今回は、SDGsを理解してもらうために、世界の人々のどのような行動原理が、持続可能な社会の開発または衰退につながるのかといったメカニズムを、ゲーム感覚で学べるワークショップを考案した一般社団法人イマココラボより代表の稲村様と平手様をお招きしご進行いただきました。
ワークショップでは、参加者全員が「様々な価値観や違う目標を持つ組織や人々」として、個々の目標達成のために、自らが持つ「お金カード」や「時間カード」を消費したり他者と交換したりしながら会場を動き回りました。
このゲームを通じて、例えば「お金持ちになる」という自らの目標を達成することの社会への影響や、お金持ちになった(目標をクリアした)後、他のプレイヤーやゲーム全体の目標(SDGs)とどう関わるべきかを疑似体験でき、そこから、現実世界における企業や組織としてのSDGsへのかかわり方を深く学ぶことが出来ました。
カードの様子
(多様な目標カード、時間・お金カードを駆使する)
ゲームの総評の後、株式会社大川印刷様より、実際に事業において取り組み始めたSDGsの設定手法などをご紹介いただくことで、さらに理解を深めることが出来ました。
横浜GPNは、今後もSDGsをはじめとする社会課題について、会員の皆様の事業に生かせる仕掛け作りを継続してまいります。
会場様子

2016年度第2回会員対象セミナーを開催いたしました。

2016年 12月 13日

12月12日(月)に横浜市港湾労働会館にて「2016年度第2回会員対象セミナー」を開催いたしました。

今回は、パリ協定の温暖化対策目標達成へ向けた新たな国民運動「COOL CHOICE」について、環境省より国民生活対策室 室長補佐 増田直文様よりご講演をいただいた後、地元横浜のCOOL CHOICE事業について、横浜市温暖化対策統括本部調整課 島崎考史様よりご講演をいただきました。

新たな温暖化対策として市民や事業者が進めていくべき「COOL CHOICE」について、参加者との意見交換が行われ、理解を深めたうえで、取り組みに賛同または検討したというコメントを多く頂きました。

参加者事業者においては、省エネや内外への環境啓蒙活動は展開しているものの、COOL CHOICEのロゴの使い方が分からないなど、具体的な事例の情報が不足しているというご意見をいただきました。

今後、Y-GPNとしても地域のCOOL CHOICE活動を広めるべく、情報発信を継続してまいります。

画像:セミナー当日の様子

dsc00265_202 dsc00271_20

2016年度第1回会員対象セミナーを開催しました

2016年 11月 4日

11月2日(水)に横浜市技能文化会館にて「2016年度第一回会員対象セミナー」を開催いたしました。

当日は満席の会場にて、横浜市経済局長の林琢己様より「横浜経済活性化と中小企業振興に向けた経済局の取組」についてご講演をいただき、その後、林経済局長とご参加いただいた事業者の皆さまとの間で、さまざまな意見交換行うことができました。

画像:セミナー当日の様子

第一回会員対象セミナー

横浜グリーン購入ネットワーク 2016年度総会報告

2016年 7月 1日

2016年度横浜グリーン購入ネットワークの総会は、2015524()、横浜市中区本町の「横浜市開港記念会館」にて開催されました。

定期総会は1545分からGPN本部の深津事務局より2017年度会費の値上げ内容の説明から始まり、影山会長の挨拶、ご来賓として横浜市から環境創造局政策調整部長高橋俊和様にご挨拶をいただいた後、資格審査及び収支決算報告、事業計画()及び収支予算(案)の議案が提出、審議、承認されました。

なお今年度は、第4号議案として役員の改選が行われ、以下のとおり新たな役員が選出され承認をいただきましたので、ご報告いたします。

2016年度役員

2015年度後期 横浜市立大学寄付講座報告

2016年 5月 30日

横浜市立大学の正式なカリキュラムである寄附講座において、横浜グリーン購入ネットワークが「グリーン購入がひらく環境未来都市」というテーマで講座を開催しました。横浜市立大学の学生約30名に対し、会員企業・団体12者により、各自が取り組む環境活動や社会貢献活動について講義を行い、学生からは感想カードを提出していただきました。

・実施期間

平成27101日~平成28121

毎週木曜1430分~16時 全12

・場所 横浜市立大学瀬戸キャンパス内 普通教室

・対象 2年生から4年生まで約30名程度。

企業CSR活動、自治体の環境政策、海外協力、NPO活動、まちづくりなどを学ぶ学生

・参加会員 (講演順)

グリーン購入ネットワーク、横浜グリーン購入ネットワーク、横浜資源リサイクル事業協同組合、株式会社湘南貿易、株式会社野毛印刷社、株式会社トライフ、株式会社岡村製作所、株式会社大川印刷、横浜市、生活協同組合ユーコープ、東洋電機製造株式会社、プリンス電機株式会社

横浜市立大学寄付講座は、2016年度も会員事業者の皆さまによって10月6日より開始されます。

2015年度後期横浜市立大学寄付講座報告書

環境未来都市・環境絵日記展2015 横浜グリーン購入ネットワーク賞

2015年 10月 20日

11月1日(日)に横浜港大さん橋国際客船ターミナル内「大さん橋ホール」にて「環境未来都市・環境絵日記展2015」が開催されます。「環境絵日記」は、小学生が夏休みの自由課題として、絵と文章の組み合わせで環境問題等について 考えていることを自由に表現する取組として横浜市資源リサイクル事業協同組合が毎年実施しています。 今年は「みんなでつくる環境未来都市・横浜」をテーマとして子どもたちに描いてもらいました。 会場では、環境絵日記大賞、優秀特別賞の発表会・表彰式の他、横浜市内の優秀賞約600作品や横浜市以外の環境未来 都市からの応募作品の展示、環境にやさしい未来のヨコハマについて子どもたちが話し合う「環境未来都市・環境会議」、横浜市内の子どもたちが調べた環境に関する情報や活動をステージで発表「こどもエコフォーラム」、 エコに取り組む企業・団体ブースが多数出展します。

横浜グリーン購入ネットワークでは協賛賞を提供、受賞者は深谷小学校2年 武田 将経 さんでした。

子どもが元気な町

横浜グリーン購入ネットワーク 2015年度総会報告

2015年 9月 4日

2015年度横浜グリーン購入ネットワークの総会は、2015615()、横浜市中区海岸通りの「波止場会館」にて開催されました。

定期総会は15時に大川副会長の開会挨拶から始まり、来賓挨拶と続き、資格審査及び収支決算報告、事業計画()及び収支予算(案)の議案が提出、審議、承認されました。

休憩をはさみ、第2部を「2014年度 後期 横浜市立大学寄付講座」報告会として開催致しました。寄付講座とは、大学が教育や研究振興のために、大学以外から寄せられた人材や資金を活用する教育活動を指します。横浜グリーン購入ネットワークも2014年度からこの活動に参加をすることになり、当団体から全12講座のうち、2団体・8企業で10講座を担当いたしました。報告会では、生活協同組合ユーコープ様、東洋電機製造()様、プリンス電機様、横浜市資源リサイクル事業協同組合様にそれぞれ登壇していただき、実施したプログラムを発表していただき参加団体及び企業としての有益性を発表していただきました。

touyoudennki1 yucoop

東洋電機製造株式会社    生活協同組合ユーコープ

秋山様              唐戸様

purinnsu

会場風景 プリンス電機株式会社 東使様

各団体とも、初めて取り組みでもあり 戸惑いながらの講座でもあったようです。しかし、学生と直接の意見交換で学生の率直な意見、想いを聞くことができ 今後の企業活動の方向性の参考にしたり、振り返りができた。また、企業PRをする機会や貴重な活動であったことが報告されました。

最後に、2015年度も当団体として寄付講座に参加することもあり、寄付講座の申し込み説明も行いました。

2014年度後期 横浜市立大学寄附講座報告

2015年 5月 21日

横浜市立大学の正式なカリキュラムである寄附講座において、横浜グリーン購入ネットワークが「グリーン購入がひらく環境未来都市」というテーマで講座を開催しました。横浜市立大学の学生約30名に対し、会員企業・団体11者により、各自が取り組む環境活動や社会貢献活動について講義を行い、学生からは感想カードを提出していただきました。

本寄附講座は2015年度も開催を予定しておりますので、会員の皆様の事業をPRいただく機会として、是非ご講演にご応募ください。

ご応募方法については、事務局より発送しました申込書をご提出いただくか、Y-GPN事務局の池田までお問い合せ下さい。

・実施期間

平成26102日~平成27115

毎週木曜1430分~16時 全12

・場所 横浜市立大学瀬戸キャンパス内 普通教室

・対象 2年生から4年生まで約30名程度。

企業CSR活動、自治体の環境政策、海外協力、NPO活動、まちづくりなどを学ぶ学生

・参加会員 (講演順)

グリーン購入ネットワーク(本部)、横浜市、㈱岡村製作所、㈱大川印刷、カーボンフリーコンサルティング㈱、東洋電機製造㈱、㈱サンオータス、プリンス電機㈱、生活協同組合ユーコープ、武松事業デザイン工房㈱、横浜市資源リサイクル事業協同組合

2014年度横浜市立大学寄附講座報告書

横浜どんぐりポイント事業活動経過報告

2014年 12月 14日

横浜グリーン購入ネットワークにおける「どんぐりポイント横浜プロジェクト」の活動経過報告をいたします。

プロジェクトの開始からこれまでに、様々なイベントにおいてどんぐりポイント商品のPR活動とポイントの回収を行っております。

回収したポイントは、参加事業者の皆様と考えた社会貢献活動に寄付いたします。

10/12 ハロー横浜へのブース出店

10/26 環境未来都市・環境絵日記展2014

11/3 第9回湘南国際マラソンでのポイント回収

11/6 横浜市立大学寄附講座講演

12/6 横浜サンタプロジェクト

12/11~13 エコプロダクツ2014への商品出品

報告詳細

どんぐりポイント横浜プロジェクト活動報告1

横浜グリーン購入ネットワーク 2014年度総会 報告

2014年 9月 17日

横浜グリーン購入ネットワーク2014年度総会は、6月16日(月)大桟橋入り口の波止場会館で、開催されました。

総会では、大川副会長の開会挨拶から始まり

来賓挨拶のあと、

資格審査及び収支決算報告

事業計画()及び収支予算(案)

以上の議案が提出され承認されました。

その後経済産業省環境政策課の田村様よりどんぐりポイントの概要と現状のお話を頂きました。

総会の風景

0741

GPN麹谷挨拶

081_21

◆経済産業省環境政策課田村様よるどんぐりポイントの概要と説明の風景

161_21

その後、第2部を「どんぐりポイント説明会」として、企業とNPOの皆様からご発表をいただき、その後以下の2つのテーマについて「ワールドカフェ」が開催いたしました。

ワールドカフェの内容

  • テーマ1:どのような商品にどんぐりポイントをつけるべきか
  • テーマ2:どんぐりポイントは何に還元されていくべきか

これは会員企業および交流会の皆様にとってより有益なYGPNを目指していくために企画されました。「ワールドカフェ」というスタイルでリラックスしながら多くの人と対話を繰り返し、数多くの意見を出し合うことができました。

ワールドカフェ参加者の声

テーマ1:どのような商品にどんぐりポイントをつけるべきか

○環境に配慮した商品など

→再生利用商品に付与するのがいいのではないのか。

○季節に応じて需要が激しく変化するもの

→梅雨の時期なら、傘、レインコート、長靴など冬ならカイロなどはいかがだろうか。

○ツアーやイベントの中に組み入れる

→横浜ベイスターズやコンサートなど著名人とコラボして普及させていけたらいい。

テーマ2:どんぐりポイントは何に還元されていくべきか

レジャー、観光、保育施設、公共施設、レストラン、税金、引っ越しなどで利用できるポイント還元

→消費者にインセンティブを与えるとどんぐりポイントの認知度も高まると思っている。

○目に見える形のイベント

→集めたポイントによって地球温暖化防止の成果をみんなで分かち合えるものがいい。

その他にもたくさんの意見がでました。

会場風景

330_2

334_2

346

今回のワールドカフェでは、YGPNインターン生の皆様にもご参加いただきました。ワールドカフェでは、参加者の皆様から、これからのどんぐりポイントのあり方に対して、当事者的観点から貴重な意見をたくさん出していただくことができました。

出していただいたご意見は、各部会の取り組みにも活かしていきます。

以 上

↑ページの先頭へ戻る